日焼けによるシミの予防方法

日焼けはシミになるので注意しないといけません。日光に含まれる紫外線を浴びると、皮膚が炎症を起こし、メラニン色素が過剰に生成されることで肌の色が変化します。健やかな肌環境なら、新陳代謝で排出されるのですが、加齢やストレス、女性ホルモンの分泌量などで新陳代謝がスムーズに行われなくなると、色素沈着してしまうことになります。これがシミで、一度浴びた紫外線でできたメラニン色素は、どんどん蓄積されていきます。シミを作らないためには、日焼けをしないことが重要になります。日焼けによるシミの予防方法はどうすればいいのかというと、それには、日焼け止めを塗るのが一番です。
その際、SPFとPAはシーンに合わせて選ぶことが大事です。日焼け止めを選ぶ時は、SPFとPAの数値です。通勤や買い物などのお出かけには、SPF 35、PA++程度がおすすめで、長時間のレジャーやスポーツの際には、SPF 50、PA+++以上がおすすめです。それぞれのシーンに合わせて選ぶことです。そして日焼け止めを塗る時は、その前に化粧水でたっぷり肌をうるおすようにします。肌がうるおえば、日焼け止めをスムーズにのばすことができます。